白髪染めの選び方は耐久性!

白髪染めの選び方は耐久性!

色落ちしずらい白髪染めの選び方をしてしまうと、確実に酸化染毛剤が含まれている白髪染めに行きついてしまいます。
酸化染毛剤とは市販されているほとんどの白髪染めを指します。
中にはへナのような天然由来の白髪染めも販売されていますが、へナにも発色がしやすく、色落ちがしにくいようにと、酸化染毛剤が含まれている事もあるため、注意が必要です。
酸化染毛座は、アレルギー体質の人や敏感肌の人が使うと深刻なアレルギー反応を引き起こす場合もあります。
呼吸困難に陥ったり、めまいが起きたり、頭皮がただれ、更には頭皮から出血する場合もあります。
最悪の場合にはアナフェラキシーショックにより死亡するケースも報告されているほど危険な化学薬品なのです。
正しくは、酸化染毛剤に含まれる薬品がアレルギー反応や炎症症状を引き起こす原因となります。
酸化染毛剤は、発色もよく、色落ちの師ずら白髪染めではありますが、危険なアレルギー反応も報告されている為、安心で安全なものとはとても言い難いのです。
使用をする際は、必ずパッチテストを行い、何の症状もなくても注意をして使用する必要がありますが、健康な頭皮や毛髪の方でもダメージを蓄積させ、せっかくの健康な頭皮や毛髪を傷ませる原因ともなりますので、よほどの注意が必要なのです。
その為、最近では影響の少ない無添加の白髪染めに切り替える人も多くなりました。